カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

営業時間 10:00~17:00
定休日  土日祝祭日

店舗情報


コラム一覧

2019-12-11
カテゴリトップ>クリエイター>竹久夢二
竹久夢二『水竹居』 B3判

原画制作年昭和8年
サインなし(保証書付)
技法ジクレー版画
用紙ドイツ製高級画紙
作品本体サイズ(縦×横)51.5×36.4cm
額仕様ブラウンウッド
額寸60.5×45.4cm
エディション限定200枚
お届け期間15〜20営業日以内に発送予定
ご注意モニター環境により、実際の商品の色合いと多少異なってみえる場合があります。ご注意ください。

ITEM INFORMATION 商品情報

「水竹居」とは、清流と竹林のある書室を指し、中国の故事によれば文人墨客の住まいの理想の環境を意味している。この日本画は昭和8(1933)年、夢二がドイツ・ベルリンに滞在中、現地の女性をモデルに制作したと伝えられる。大きく抜いた衿からのぞく白い肌が艶めかしく、穏やかな表情ながらも心に迫るまなざしがこちらへ向けられている。久遠の女性像を求め続けた夢二の、清らかで静かな「理想郷」なのであろうか。永年の夢であった洋行を実現し、欧米の美術に学んだ末の最晩年の傑作として、東洋と西洋の美を融合した彼の画業の到達点が認められる。© 竹久夢二美術館イメージアーカイブ/© DNPartcom

クリエイター

竹久夢二 Takehisa Yumeji

画家・詩人。岡山県生まれ。本名、茂(も)次郎(じろう)。早稲田実業学校在学中より雑誌へ投稿し、明治38年末にデビュー。以後コマ絵や挿絵を数多く発表し、センチメンタルな独特の女性像は「夢二式美人」と呼ばれ一世を風靡した。画壇に属さず、日本の郷愁と西欧のモダニズムを自在に表現した作風で、日本画・水彩画・油彩画・木版画などを制作。大正3(1914)年には「港屋絵草紙店」を開店させるなど、デザイン分野にも力を注いだ。また「宵待草」他、詩や童謡も数多く創作し、57冊の著作本も残している。昭和6(1931)年からアメリカ、ヨーロッパを旅するが、帰国の翌年、昭和9(1934)年に長野県の富士見高原療養所にて肺結核により没した。

保証書・枚数限定・受注生産・送料無料・ジクレー・高精度・複製原画・収蔵・アート・大正ロマン・日本画・プレミアム・額入り・インテリア・プレゼントに